ここから本文

税金の延滞金について

税金を滞納すると納期限の翌日から納付の日までの期間に応じ、納付税額に下記の割合を乗じて計算した延滞金がかかります。

延滞金の割合について
<納期限の翌日から1ヶ月を経過するまでの期間>

年7.3%  ※ただし次の期間は割合が変更します。

■平成12年1月1日~平成25年12月31日

各年の前年の11月30日現在の商業手形の基準割引率に年4%を加算した割合

■平成26年1月1日以降

各年の前々年の10月から前年の9月までの国内銀行の貸出約定平均金利(新規・短期)として財務大臣が告示する割合に年1%を加算した割合(特例基準割合)に1%を加算した割合

 

<納期限の翌日から1ヶ月を過ぎた日から納付した日までの期間>

年14.6%  ※ただし次の期間は割合が変更します。

■平成26年1月1日以降

各年の前々年の10月から前年の9月までの国内銀行の貸出約定平均金利(新規・短期)として財務大臣が告示する割合に年1%を加算した割合(特例基準割合)に7.3%を加算した割合

 

各年度の延滞金の年率
特例基準割合

納期限の翌日から

1ヶ月以内

納期限の翌日から

1か月以降

平成11年 7.3% 14.6%
平成12年~平成13年 4.5% 4.5% 14.6%
平成14年~平成18年 4.1% 4.1% 14.6%
平成19年 4.4% 4.4% 14.6%
平成20年 4.7% 4.7% 14.6%
平成21年 4.5% 4.5% 14.6%
平成22年~平成25年 4.3% 4.3% 14.6%
平成26年 1.9% 2.9% 9.2%
平成27年~平成28年 1.8% 2.8% 9.1%
平成29年 1.7% 2.7% 9.0%
平成30年 1.6% 2.6% 8.9%
平成31年 1.6% 2.6% 8.9%
令和2年 1.6% 2.6% 8.9%

 

延滞金の計算について

延滞金は次の計算式によって求めます。

延滞金 = 滞納税額 × 延滞日数 × 年率 ÷ 365日

 

滞納税額の計算例

■令和2年6月30日納期限の町県民税50,000円を令和2年10月31日に納付した場合

延滞日数 123日

 納期限の翌日から1ヶ月までの期間  7月1日~  7月31日 ⇒ 31日間

 納期限の翌日から1ヶ月を過ぎた期間 8月1日~10月31日 ⇒ 92日間

 A 50,000円 × 31日 × 2.6% ÷ 365 = 110.41095 ≠ 110

 B 50,000円 × 92日 × 8.9% ÷ 365 = 1121.6438 ≠ 1,121

 A+B=1,221円 となり 100円未満を切り捨て 1,200円 が延滞金となります。

 

※注意事項

・税額が2,000円未満のときは延滞金を徴収しません。

・税額に1,000円未満の端数があるときは、端数金額を切り捨てて計算します。

・算出した延滞金額が1,000円未満であるときは、延滞金はかかりません。

・算出した延滞金額に100円未満の端数があるときは、端数金額を切り捨てます。

 

 

お問い合わせ先

白川町 町民課税務係

役場本館1階
電話番号:0574-72-1311 内線:124
FAX番号:0574-72-1317