岐阜県白川町
English
中文
韓国語ボタン
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
検索
サイトの現在位置
トップ行政情報選挙10月22日(日)は第48回衆議院議員総選挙と第24回最高裁判所裁判官国民審査の投票日です
 
2017年10月10日 更新
印刷用ページを開く
10月22日(日)は第48回衆議院議員総選挙と第24回最高裁判所裁判官国民審査の投票日です
衆議院の解散による総選挙と最高裁判所裁判官国民審査は、10月22日が投票日です。

投票は、私たちが政治に参加できる大切な機会のひとつです。
住みよい社会をつくるため、政治に参加できる大切な機会を無駄にしないよう、みんなそろって投票しましょう。

投票できる人は・・・
今回の衆議院議員総選挙において本町で投票できる人は、
平成11年10月23日までに生まれた人で、今年の7月9日以前から引き続き町内に住所を有し、選挙人名簿に登録されている人です。
最近住所を移転した人は・・・
【転出した人】
 今年の6月9日以降に他の市町村へ転出した人は、転出先の市町村の選挙人名簿に登録されていなければ、本町で投票できます。
 (6月8日以前に転出した人は、本町選挙人名簿から登録が抹消されているため、本町では投票できません。)

【転入した人】
 今年の7月9日以前に転入した人は、本町で投票できますが、
 7月10日以降に転入した人は、前に住んでいた市町村での投票となります。

【転居した人】
 最近、町内で住所を移転(転居)された場合、10月8日までに役場へ届出をされた人は、転居後の投票所で、
 10月9日以降に届出をされた人は、転居前の投票所での投票となります。

入場券に記されている投票所を確認してお出かけください
入場券を持って投票所へ
投票所入場券用の封筒を、公示日以降にご自宅へ郵送いたします。
ミシン目を2・3度折り曲げ、手できれいに切り離して、自分の名前の書いてある入場券を持って、投票所に出かけましょう。

期日前投票の際に届いていない場合でも、選挙人名簿に掲載されていれば投票できます。
身分の証明ができるもの(運転免許証など)をご持参ください。

入場券が届かない場合には、選挙管理委員会までご連絡ください。
投票のしかた
今回の選挙は、衆議院の小選挙区選出議員選挙、比例代表選出議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査の3種類です。
投票用紙を間違えて書くと無効になってしまいます。
投票用紙を受け取るとき、係員が説明しますが、投票の際には注意してください。

@はじめに 小選挙区選挙と国民審査の投票を行います。

 ピンク色の投票用紙に小選挙区の候補者名を書く

 うぐいす色の投票用紙に、裁判官の氏名が書いてあるので、やめさせたい者がいれば「×」をつけ、
 やめさせたい者がいなければ何も書かないでください


 受付で入場券を出し、手続きが終わると、小選挙区選挙と国民審査の投票用紙にあわせ投票用紙引換券(比例代表選挙用)が1枚ずつ交付されます。
 記載場所には、小選挙区選挙の候補者名を記した紙が掲示してあります。
 これを参考に、投票用紙に当選させたい候補者名を書いてください。

A次に 比例代表選挙の投票を行います。

 薄い水色の投票用紙に政党名を書く

 小選挙区選挙と国民審査の投票が終わったら、投票用紙引換券を係員にわたすと、比例代表選挙の投票用紙が1枚交付されます。
 記載場所には、政党名等を記した紙が掲示してあります。
 これを参考に、投票用紙に政党その他の政治団体の名称または略称を書いてください。

【代理投票】
 字がわからなかったり、体の具合が悪くて字が書けないときは、投票所の係員に申し出て代筆させることができます。

【点字投票】
 目の見えない方は、投票管理者に申し出て、点字で投票することができます。
投票所
投票日当日の投票所は、町内11箇所です。こちらからご確認ください。
入場券に書かれた投票所を確認して、お間違いのないようにお出かけください。
投票日に投票に行けないときは・・・
投票日(10月22日)に、仕事、旅行、学業、地域行事、冠婚葬祭、歩行困難などのために
投票所へ行くことができない人は、期日前投票をしましょう。


役 場 本 庁    10月11日(水)から10月21日(土) 午前8時30分から午後8時まで
各ふれあいセンター  10月14日(土)から10月21日(土) 午前8時30分から午後7時まで
 
 ※役場本庁と各ふれあいセンターでの期日前投票のできる期間が異なりますので、ご注意ください
 ※当日の投票と異なり、期日前投票はどこの投票所でも投票が可能です
 ※入場券を持っていなくても、免許証など本人確認できるものがあれば投票できます

手続はとても簡単ですので、お仕事帰りや買い物帰りにお立ち寄りください。
長期出張、滞在中の人は・・・
期日前投票期間中に白川町に来られない人は、投票用紙を滞在先まで送ってもらい、
滞在先の市町村役場等へ出向いて不在者投票できます。
 
この場合は、手続きに時間がかかりますので、早めに町選挙管理委員会へお問い合わせください。
 
※詳しくはこちらから
病院に入院中、老人ホーム入所中の人は・・・
入院・入所中の病院や施設が不在者投票できる指定施設であれば、病院長(施設長)に申し出て、
病院・施設で不在者投票をすることができます。

この場合は、投票用紙の請求などに時間がかかりますので、お早めに病院または老人ホームなどに申し出てください。
開票について
白川町開票区は、投票日当日22日(日)午後9時から町民会館で開票を行います。

投票及び開票状況を、音声告知端末で定期的に放送しますので、電話でのお問い合わせはご遠慮ください

岐阜県選挙管理委員会ホームページはこちらから

関連情報はこちら
NEW
平成29年10月22日執行の第48回衆議院議員総選挙と第24回最高裁判所裁判官国民審査
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」内のリンクについては、詳しくはWeblioまでお問い合わせ下さい。

総務課行政係
〒509-1192 岐阜県加茂郡白川町河岐715
Tel: 0574-72-1311  Fax: 0574-72-1317  E-Mail: こちらから