ここから本文

町長からのメッセージ

 謹んで新年のご祝辞を申し上げます。
 白川町長の重責を担わせていただくこととなり、初めての新年を迎え、改めて町民の皆さまの期待にお応えすべく決意を新たにするところでございます。
 現在、新型コロナウイルスに関しましては、感染も少なくなってまいりましたが、新たにオミクロン株が発生し、経済の持ち直しも鈍化するのではないかと心配しております。まず、コロナワクチンの3回目の追加接種を1月から、医療従事者の方を先行して実施させていただきます。引き続き町民の皆さまには、感染予防対策にご協力いただきますようお願い申し上げるものでございます。
 昨年を振り返りますと、町の重要課題の一つである庁舎建設につきましては、河岐地内での建設を決定し、シンプルでコンパクトな木をふんだんに活用した庁舎として、令和7年春の開庁を目指して検討を進めております。また、8月には2年連続となる災害が発生しました。この豪雨災害で被害のあった切井、三川、黒川地内においては、全ての箇所で工事に着手しております。
 令和4年は、マニフェストに記載した基本理念である「子ども、孫たちの代に豊かな町を残すため」として、5つの施策・25の項目を着実に推進し、住んでいてよかったと実感していただける白川町の実現を目指します。その上で、新年を漢字一文字で表すならば「報」の年としたいと考えています。これには、「報(むく)いる」と「報(しら)せる」の2つの意味を込めています。町民の信託に「報いる」、これまでまちづくりに懸命に取り組んでこられた先人のご努力に「報いる」ためにも、少子高齢化と過疎化が進む白川町を、持続可能なまちへ進化させられるよう諸施策を講じてまいります。先人たちの想いと現在白川町に住まわれている皆さまとの、縦と横のつながりを意識してまちづくりにあたりたいと思うものであります。また、町民の皆さまに町政の情報を「報せる」ため、積極的な情報公開に努めてまいります。あわせて、町民の皆さまの様々な声を行政に「報せる」手段として、自ら足を運び、あるいはICT技術を利用し直接皆さまの声を聞き、それを町政運営に反映する「開けた町政」、「町民参加の町政」を心がけてまいります。町政の発展のため、全力で取り組んでまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、本年が平穏で明るく希望に満ちた年となりますことを祈念して新年のご挨拶といたします。

 

 令和4年1月1日

白川町長  細 江 茂 樹





 先の町長選で初当選の栄に浴し、町政を担当させていただくことになりました。任期4年間の始まりに身の引き締まる思いです。
  18年間の町議会議員の経験を活かし、豊かなまちづくりのために決意を新たにして全力で取り組んでまいります。
  私は、この選挙を通じて町民の皆様へ、子ども、孫たちの代に豊かなまちを残すための提言をさせていただきました。白川町が将来に向かって発展を続けるための政策を5本の柱と25の項目として公約に掲げました。
・儲かる農業、儲かる林業を柱とした豊かなまちづくり
・子育て・教育環境の充実したまちづくり
・人生100年時代に向けた福祉のまちづくり
・安全安心を基本とした持続可能なまちづくり
・情報公開と広聴による町民主体の自立したまちづくり
  この5つのまちづくりに鋭意努めてまいります。
  あわせて、前町長が進められた横家町政を継承し、学校統合、新庁舎建設、そして、共助の強化による災害に強いまちづくりにも引き続き取り組んでまいります。また、前町長が提唱された「宝物探し」を少し前進させ、現在眠っているもの、埋もれているものに価値を与え「宝物」に換えていく取り組みを進めていきたいと思っております。町内に数多くある空き家をはじめ、学校の統廃合により廃校となった施設、新庁舎建設後の現庁舎や使われていない町有地など遊休資産の利活用を進めてまいります。公共施設については、その耐用年数や利用状況を勘案し、廃止も視野に入れた計画的な維持管理を進めてまいります。
  これら私が目指すまちづくりの実現のためには、皆様の知恵と力が欠かせません。まちづくりを他人事ではなく自分事として捉え、まちづくりに積極的にご参画いただきますよう切にお願い申し上げます。
 社会の変化は激しく、目まぐるしく変動しております。日々の変化を鋭敏に感じ取り、先見性をもって対処してまいります。それには、私自身が先頭に立って町民の皆様との対話に努め、より良いまちづくりへの思いをみんなで共有することが肝要と考えます。そうして、職員と一緒に知恵を出し合い、行動を共に、行政課題の一つひとつに真正面から取り組む決意であります。
  町政発展のため皆様のなお一層のご理解とご協力をお願い申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。
  令和3年9月13日
白川町長  細江 茂樹

お問い合わせ先

白川町 総務課行政係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:214
FAX番号:0574-72-1317