ここから本文

★食品ロス減少のために★ 環境係より

お知らせ

食品を捨てる……もったいない

 

白川町では、ごみの減量に取り組んでおり、生ごみ処理機 助成事業があります。詳しくは、環境係までお問合せ下さい。

 


令和元年10月1日、食品ロス削減推進法が施行されました。

買い物をしたが、賞味期限が切れて捨てた。食べきれず、残して捨てた。心当たりはありませんか。

日本では、一人当たり1日にお茶わん1杯分を廃棄しており、年間に一人当たり48kg食品ロスしているのが現状です。

 

 

家庭ごみの食品ロスの原因

  • 直接廃棄
  • 食べ残し
  • 過剰除去

 

 

 

食品ロスを減らすために

私たちが今日からできること


買いすぎない 

 

買い物に出かける前に冷蔵庫の中などの在庫を確認しましょう。また、「安いから」という理由で安易に買いすぎず、食べきれるかを確認しましょう。

 

長持ちする保存方法を 

 

長期保存する場合は、インターネットなどで適切な保存方法を検索してみましょう。食材が長持ちするだけでなく、美味しさの維持につながります。

 

贈答品でもらった食べ物が好みでない

 

フードバンクなどへの寄付やお裾分けを検討してみましょう。また、自分が送る場合は相手の好みやアレルギーがないかなど、相手の好みも踏まえて贈り物を選びましょう。

 

作りすぎない

 

食べられる分だけ作りましょう。また、食べきれなかったものは冷凍するなど、捨てるのはもったいないの精神を持ちましょう。

 

放置して、忘れない

 

出来立てホカホカのうちにおいしく頂きましょう。また、作り置きの場合は、冷蔵庫の中の配置方法を工夫しましょう。

 

好き嫌い

 

嫌いなものでも残さず食べきる習慣をつけましょう。嫌いな食べものを日ごろからアピールしておくと、遭遇する機会が減るかもしれません。

 

料理の失敗

 

料理中に目を離すと焦げたり溢れたりこぼれたり...次は失敗しないように頑張ってください♪

 

調理技術の不足

 

食べられる部分までそぎ落としていませんか?頑張って上達しましょう♪

 

 

 

ハロウィンやクリスマス、お正月の後には、ごみの量が増えます。

ごみの減量にご協力、よろしくお願いします。

お問い合わせ先

白川町 建設環境課環境係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:266,267
FAX番号:0574-72-1317