ここから本文

愛犬の狂犬病予防接種は、もう済ませましたか? 環境係より

お知らせ

狂犬病について


日本では、昭和25年に制定された狂犬病予防法に基づく犬へのワクチン接種により、昭和32年以降国内での発生は見られず、清浄国を維持してきました。

 

しかしながら、今年の5月、愛知県でフィリピンから来日した方に国内14年ぶりの発症が確認されました。

 

海外では、毎年6万人が死亡している状況下において、日本の予防接種が狂犬病予防に果たす効果は極めて重要です。

 

 

まだ、間に合います!


狂犬病予防注射の実施について、令和2年6月11日、狂犬病予防法施行規則の一部が改正されました。

 

新型コロナウイルスの影響により、6月までに狂犬病の予防接種を受けさせることができなかった犬の所有者または管理者について、令和2年12月31日までの間に受けさせた時は、当該期間内に受けさせたものとみなされます。

 

狂犬病予防接種を受けられていない場合は、新型コロナウイルス感染症の状況等も踏まえ、季節性インフルエンザが流行する前に実施して頂きますようお願い致します。

 

 

追記

既に注射済みの場合犬が死亡している場合は、役場または各地区ふれあいセンターに届け出をして頂きますようお願い致します。

お問い合わせ先

白川町 建設環境課環境係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:266,267
FAX番号:0574-72-1317