ここから本文

スモールビジネスチャレンジ交付金について【女性の活躍推進】

町内で暮らす女性たちが、互いの輝きに出会うことで、新しい動きが起きるのではないか?
女性がもっと輝けば、町がもっと元気になる。 輝く女性のパワーが、これからの町づくりには欠かせない。
そんな女性たちを応援していきます。

【ステップ1】女性の起業講座について

昨年度(平成27年度)は、「輝く女性たちのワールドカフェ」を開催し、「働く」をテーマにみんなで語り合う中で、いくつかのアイデアが生まれ、それに賛同する人が出てきました。そして、目標をもった4つのグループが誕生し、活動を開始しました。

今年度も、堅苦しい話を聞くだけの講座ではなく、「何か始めてみよう」という想いが湧き、同志を募って実行に移せるような、講座を企画していきます。
興味のある方は、ぜひ参加してください。

■開催日時 (未 定)
※詳細が決まりましたら、ホームページ、広報誌、facebook等でお知らせします。
■開催場所 (未 定)
■内容   (未 定)

●昨年度の内容 ファシリテータ:ワールドカフェぎふ 青木文子さん

・最初に、「働く」に関連したテーマで、ワールドカフェします。
自分の思いを語ったり、人の言葉に耳を傾けたり、楽しんでください。
・次に、プランづくり体験をします。
「やってみたい企画・アイデア」を出し合い、いいなと思ったアイデアをもとに、みんなで架空のプランをつくります。
・いろんな場面で役立つ、プランづくりの手法(OSTといいます)を学びます。

【ステップ2】 スモールビジネス交付金の活用について

交付金の活用

女性の起業講座に参加されて、「特技やアイデアをいかしたい」、「ビジネスについてもっと学びたい」といった気持ちを持たれた方は、交付金を活用して、ステップアップを目指してください。

交付金の目的

この交付金の目的は、白川町で暮らす女性の「しごと」に対する意識の向上を図り、小さなビジネスの実践をとおして町内における女性の活躍の場を増やすことです。また、これにより男女共同参画の推進を図ることです。

交付金の対象者

次の条件を全て満たす方です。

・3人以上のグループで、町内に住所を有する者が半分以上いること。
・グループの代表者が、町や商工会による女性起業講座の参加者であること。

交付対象経費および交付金額

交付金の対象となる経費 交付金の額等

会議、講演会、研修、視察、各種企画の研究及び小さなビジネスの実践に係る経費等で、次に掲げる経費

(1) 謝金(講師や専門家への謝礼)
(2) 旅費・費用弁償
(3) 消耗品費・原材料費
(4) 食糧費(会議等)
(5) 印刷製本費
(6) 通信運搬費
(7) 手数料
(8) 使用料及び借上料
(9) 備品購入費
(10) その他事業実施に必要と認める経費

当該対象経費

ただし、予算の範囲内で1事業につき年20万円を限度とする。また、同一事業に対する助成年限は2年を限度とする。

(例)

グループで講師を呼んで、講座やセミナーを開催する。(講師謝金に充当)
 特技や地域資源を活用した商品の試作販売を考える。(材料代、機材等の初期投資に充当)

申請方法

グループの名簿、事業計画案、予算書案を用意して、企画課企画係にご相談ください。 
その他わからないことがありましたら、企画課企画係にお問い合わせください。

平成27年度の交付金活用状況

4つの団体が誕生し、うち3団体が交付金を活用しました。

団体名および活動内容

【つながる女性カフェ美濃白川】

講演会「中山間地における(女性のための女性たちの力による)仕事おこし」の開催
藤木千草氏を講師に迎えワーカーズコレクティブについて学ぶとともに、参加者が自らの起業プランを発表、パネルディスカッションを行う。
ゆうカフェ(ワールドカフェ)開催による情報交換、女性どうしの新たなつながりを支援
(講演会開催経費、講師謝金、講演会報告書作成費等に交付金活用)

【白川Womenものづくり工房】

白川の自然が生み出す資源(山野草など)を活かした女性目線の作品の創作、販売
押し花製作器具を購入し、押し花製作体験会を開催
(器具購入費、講師謝金等に交付金活用)

【カフェ・ルーエ】

白川町でおいしいケーキを食べたいと言う希望に応えるため、子育てママさんがスイーツ工房「ルーエ」を立ち上げ。
試作品製作のほか、社会福祉協議会と連携して高齢者向けの出前カフェなど実施。 
(食器・調理器具購入等に交付金活用)

お問い合わせ先

白川町 企画課企画係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:231
FAX番号:0574-72-1317