ここから本文

■友好都市

白川町との交流

友好の輪は海を越えて。
人との関わりが、豊かな人間性を育てます。

イタリア・ピストイア市

白川町が国際交流の第一歩を踏み出したのは1984年のことでした。この年、国際的なオルガン建造家・故辻宏さん(白川町黒川地区に工房を持つ)が、イタリア・ピストイア市にある歴史的なオルガン修復に携わったことから同市の名誉市民に。その複製を岐阜県美術館に納めたことがきっかけとなり、両市町の交流が始まりました。

青少年交流、日本では珍しいオルガン音楽を学ぶ「白川・イタリアオルガン音楽アカデミー」も毎年開催されるなど町ぐるみの友好関係が続いています。

中国・松原市

中国吉林省の中北に位置する松原市。1981年に第1次友好訪問団として陶頼昭鎮を訪れたのが交流の始まりで、その後青少年も友好訪問を行っています。

旧満州開拓団黒川分村遺族会の縁により、交流を行っています。

沖縄県宮古島市

白川町内の小学生が毎年夏に沖縄県宮古島市を訪れます。海に入ったり、戦争について考えたりと、宮古島の人たちとの交流が行われます。

特に、子どもたちの交流において、宮古島の児童にとっては、毎回「雪」が一番の思い出になるようです。写真のようにスキー研修を行いましたがその日の内に滑りをマスターする児童もいました。

お問い合わせ先

白川町 企画課企画係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:231
FAX番号:0574-72-1317