ここから本文

台風15号が残したもの

各地に被害をもたらす

大型で強い台風15号は、平成23年9月20日から21日にかけて接近し、本町では多いときで1時間に50㎜、降り始めからの雨量が370㎜を超すなど非常に激しい雨が降りました。町内では、1人の方が行方不明になったほか、道路冠水や家屋の浸水、一部地域の停電、断水などさまざまな被害が発生しました。

町では災害対策本部を設置し、全域に避難勧告(一部指示を含む)を発令しました。また、消防団を招集し、土のう積みや町民への安全の呼びかけ、行方不明者の捜索などを実施しました。

今回の台風被害において、警察や消防をはじめ、炊き出しの手伝いをしてくださった方、道路にあふれた土砂の除去作業をしてくださった方など多くの人たちの協力がありました。今回のような災害は突然やってきます。そんなときは、町民一人ひとりの力や、団結した全体の力が必要になります。災害現場の完全復旧に向け、今後も皆さんのご協力をよろしくお願いします。

「広報担当者のひとりごと」

・今回の台風の影響により、町内の各地で床下・床上浸水、河川の氾濫や、道路冠水、土砂崩れなどが発生しました。被災箇所は約600箇所、被害総額は概算で15億円ほどとなっています。今回の災害を決して忘れることなく、今後もいざという時のために避難する場所や、そこまでの経路などを家族で決めておくなど普段から防災に対する意識を高めておくことが必要です。また「自分の身は自分で守る」「自分たちの地域は自分たちで守る」という自覚を持ち、自発的に防災活動を行うことが大事だと感じました。

お問い合わせ先

白川町 総務課行政係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:214
FAX番号:0574-72-1317