ここから本文

7.洞雲寺の駕籠

工芸品リストに戻る

洞雲寺の駕籠(とううんじのかご)

 

 

・所在地  和泉西和泉(洞雲寺)
・指定番号  第43号
・指定年月日  昭和47年12月15日
・所有者  洞雲寺 尾関幸憲
・形状  高さ120㎝、横110㎝
 奥行72㎝、担棒415㎝

 

天保(てんぽう)10年(1839年)9月、広野村(ひろのむら)(苗木藩(なえぎはん))の、森下丈太郎・西野伊平及び西野長右衛門が寄進したものである。本山から管長及び専使がこられた時に送り迎えしたものである。又、昔寺が晋山式(しんざんしき)という行事を行った時、住職が乗って行列し寺に入ったものである。