ここから本文

自主防災活動補助金について


1)白川町自主防災活動補助金

地域の防災意識の向上と自主防災組織の防災活動を支援することで自助共助力の強化を推進するために、防災資機材の整備及び防災訓練等自主防災活動に必要となる経費について、予算の範囲内で補助金の交付を行います。

自助共助力を迅速に強化するため、令和3年度は補助金の嵩上げを行っています


2)補助金の内容

①自主防災組織とは

自治会等を単位として、自主的に当該地域の防災・減災対策を確立するために活動する団体

②補助の対象となる事業と経費

防災資機材整備事業 自主防災組織の防災目的の資機材に要する経費(バール、ジャッキ、のこぎり、スコップ、つるはし、ハンマー、斧、チェーンソー、工具セット、ビニールシート、テント、発電機、コードリール、防災用資機材倉庫、倉庫用の棚など)
避難所整備事業 避難所運営に要する経費(災害用マット、毛布、寝袋、簡易トイレ、担架、車いす、消火器、消火器格納箱、備蓄食糧、備蓄飲料水、感染症対策備品など)
自主防災訓練実施事業 初期消火訓練、救出訓練、避難訓練、炊き出し訓練等の実施に要する経費(バケツ、救急医療用具、誘導棒、炊き出し材料代、燃料代、土のう袋、筆記用具、お茶代、印刷代など) 
防災知識普及事業 防災講座・研修会の実施に要する経費(講師謝金、バス借上料、防災センター等入場料など)

③補助金の額

10万円(定額※)+自主防災組織加入世帯数に500円を乗じて得た額(加算額)、又は実際に要した経費のいずれか少ない額

※定額部分の10万円は、令和3年度のみ(通常は3万円)


3)Q&A

Q 複数の自治会が合同で行う事業は対象となりますか?

A 補助対象となる事業であれば対象となります。その場合の補助金の限度額は、自治会ごとに計算された額の合算額となります。 計算式:10万円×自治会数+500円×加入世帯数(複数自治会の合計世帯数) 


4)申請書類等

 申請をする場合 → 申請書

 事業内容に変更があった場合 → 変更申請書

 事業が完了した場合 → 実績報告書

 補助金を請求する場合 → 請求書

 記入例はこちらから【 記入例 】

お問い合わせ先

白川町 総務課行政係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:214
FAX番号:0574-72-1317