岐阜県白川町
English
中文
韓国語ボタン
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
検索
サイトの現在位置
トップ町の紹介町長室町長からのメッセージ
 
2017年10月2日 更新
印刷用ページを開く
町長からのメッセージ
 この里山も稲田の収穫が終わり、周辺の木々も秋の彩りを帯びてきました。春の山菜とは異なった山の恵み、松茸をはじめ

キノコ類は、かつてほど採れなくなりましたが、珍味として里人の楽しみであります。ヘボと呼ばれる黒スズメバチは高級食材

であり、今も愛好家たちがハチの巣採取を楽しみ、その技を競っています。

 この季節、町内の高い山からは、伊勢湾、名古屋市をはじめ濃尾平野を一望することができ、天下を取った気分に浸れます。

特に今年、開山1300年を迎える大山白山神社からの夜の眺めは、満天の星空と宝石を散りばめたような濃尾平野の夜景が

楽しめます。

 道の駅清流白川クオーレの里では、落ち鮎料理がご賞味いただけます。ここのコテージに1泊し、大山白山神社での夜景を

楽しみ、翌朝は、秋の旬いっぱいの産直市場「白川野菜村チャオ」、道の駅美濃白川ピアチェーレでお買い物いただくことを

おすすめいたします。このほか11月は、黒川東座で中村兄弟による錦秋公演、佐見歌舞伎公演、ふるさとまつりなどなどの

催し満載でご来町をお待ちしております。

 さて、町ではこうした催しごとに、ふるさと納税をお願いしたいと考えます。ぜひご協力をお願いいたします。


  平成29年10月2日

                                              横 家 敏 昭






 紅い百日紅の花が咲くと半世紀前の飛騨川バス転落事故を思い出します。

 毎年8月18日は、白川町仏教会の皆様により慰霊の法要が執り行われてきましたが、今年は大雨警報、土砂災害警戒

情報発表により避難勧告を発表しなければならないほどの荒天のため、止む無く中止となりました。50年の歴史の中、

初めての経験でした。100余名の犠牲者の方々のご冥福を、当日、天候回復後に現地で職員一同祈らせていただきました。

 先日、若い世代の方に、この8.17災害を知っているか尋ねたところ、ほとんどの人が知らない、あるいは話に聞いた

ことはあるがよく知らないとの返答でした。「災害は忘れた頃にやってくる」過去に地元で起きた大きな災害。その教訓を

後世に伝えなければ、同じ災害の繰り返しになる。

 特に心配するのは、山林の状態です。放置された、間伐等が行き届いていない山林が被害を拡大します。経済の仕組みの

中で立ち行かなくなった林業。山主のみに、その責任を問えるでしょうか。来年から導入が取り沙汰されている国の森林

環境税。その運用に期待するものです。ただ、林材が経済的に再生可能な単価で流通しない限り、山を守ることは不可能な

気がします。そのつけは国民全体にくるのでしょう。


 平成29年9月1日

                                              横 家 敏 昭





 このほど『東濃桧』の海外販路開拓を模索して、中国広東省広州市と佛山市を訪問する機会をいただきました。広州市

においては、中国建材博にて『東濃桧』のパンフレットを配布しPRさせていただきました。佛山市においては、3000軒

あるといわれる家具メーカーの代表の方々と家具材に『東濃桧』の利用を考えていただくようPRしました。いずれも、

桧の魅力には強い関心を示されました。特に、桧の香りをじっくりと確かめておられ、高級材として認識いただけたと

思います。ただ、単価の壁は厚いと考えます。一方、佛山市から内装材としての利用についての提案と、「大工の技術

交流がしたい。家具製造の技術も。」とのことでした。これらの話を進めるにあたり、中国側としても一度日本の現地を

視察したいとの意向であり、強く来町を要請いたしました。

 今、白川茶の海外展開を進めている経験から、基本は人と人との信頼関係であり、その関係が築けてから商談にしても

何にしても話が進展するものだと確信します。物事が成るのは、その結果です。町政運営の基本でもあると考えており

ます。少しでも多くの人と、そんな関係になりたいものです。


  平成29年8月1日

                                       横 家 敏 昭





 某宅配会社の存亡の危機が話題になっている。田舎にとっても他人事ではない。田舎に住む老親と都会の子供を結ぶ

大切なラインでもある。ネット通販やフリーマーケットアプリ市場の拡大に伴う物量の増大に喘いでいる。仕事が増える

のになぜ。結論から言えば、豊作貧乏。取扱量が増えるから単価を下げる、しかし、一方で配達する人がいない。コスト

がかさむ。

 こうした現象がいろんな業界から出てきている。人手不足は今後各所で起きるであろう。それをカバーできる化学技術

や資金は、まだまだ。

 今過疎の町では、公共交通の運転手がいない。だから公共交通も宅配も移動購買も同時に一人で何役もこなさなければ

ならない。しかも、年齢にこだわれない。

 そんな中、今、白川町で大活躍してくださるのがシルバー人材センターの皆さんです。農作業から生活支援、公共事業

の重要な担い手であります。「生涯現役」という言葉どおり、仕事が定年になってから、その経験を活かし、地域のため

ご活躍いただいています。今年設立20年を迎え新たな挑戦をされており、その必要性は益々増加しております。そんな

地域の助け合いが、人手不足解消の一助となっています。


 平成29年7月3日
                                           横 家 敏 昭





 白川町では、中学2年生になると立志式を行います。青雲の志をたて大人の仲間入りを、という想いからです。

 青雲とは、高い空とそこに浮かぶ雲であり、どこまで行っても到達できない、手の届かない、それでもその雲を目指して

あくまでも努力の歩みを続ける。言い換えれば、理想に生きること。これこそが青雲の志ではないでしょうか。

 今、放送中のテレビドラマ「岐阜にイジュー」が大好評で、この時間帯としては異例の4%台の視聴率だそうです。また、

ドラマの内容も異例で地元町民が60人余出演し、熱演を繰り広げています。地元町民と俳優さんが区別無いくらい、白川町

の日常を演出しています。ただ、火曜日は仕事にあまり身が入りません。寝不足から。

 このドラマから故郷を再発見しています。また、このドラマを機に、移住の問い合わせ、ロケ地めぐりなど増加しています。

ぜひ白川郷ではない白川町へお越しください。


  平成29年6月1日
                                            横 家 敏 昭

メ〜テレ開局55周年記念ドラマ「岐阜にイジュー」のオープニングタイトルとエンディングタイトルに登場する白川橋
大正15年架橋、橋長115m、平成18年11月に土木学会選奨土木遺産に認定、平成25年3月に国の有形文化財(建造物)に登録されました





 今年は自然界の動きが遅れているようです。桜は1週間から10日遅れました。名産「白川茶」の新茶も出始めますが、

遅れている分、味は濃厚です。

 ところで、メ〜テレ開局55周年記念ドラマ「岐阜にイジュー」はご覧いただいているでしょうか。このドラマそのままの

世界が、白川町には存在しています。ぜひお越しいただいて体験してください。

 そして、そのような生活状況を、川柳のような表現で綴った文芸「漫俳」というのが白川町で盛んです。この漫俳というのは、

岡本一平(岡本太郎の父)が戦中白川町に疎開していた時に、狂俳の選を依頼されたことにヒントを得て提唱したとのことで、

五・七・五で綴る川柳のようなものです。白川町では、題を決め日常生活を詠む投句会が毎月開かれています。過疎の逆境を

漫俳で笑い飛ばしています。少し紹介します。

 題「宝」

  たからもの 皆で探して 町おこし

  漫俳と お茶がお宝 おらが町

  少子化や ふやしてほしい 子の宝

  子宝の 湯に老人会 ご一行

  病床で まめ*が宝と 気づかされ   (*「まめ」は、白川の方言で丈夫、健康などの意)


 平成29年5月2日

                                         横 家 敏 昭








 白川町は標高180mから1200m地点まであり、桜前線も4月1日頃から始まり、4月下旬まで続きます。4月1日には

岐阜県天然記念物水戸野しだれ桜まつりが開催されます。

 さて、今町内では、4月24日月曜日スタートの名古屋テレビ開局55周年記念番組「岐阜にイジュー」のドラマロケ真っ最中

です。ドラマの内容は、冴えない都会生活を送っていたアラサー女子2人が、新しい人生をスタートさせようと、今流行りの田舎

移住を決断。そして彼女らが選んだのは、世界遺産で有名な白川郷。しかし間違えて同名の白川町に来てしまったのが始まり。

 実際に白川町へは、「合掌村はどこですか」と訪ねていらっしゃる方がたくさんあります。私も名刺交換時に「雪はどうですか」

などと尋ねられます。そんな時は、敢えて否定しません。岐阜県には「白川」と名がつく町村が3か所あります。白川村と東白川村

そして我が白川町です。この3町村はそれぞれ持ち味がありますが、今協調しながら町づくりを進めています。「白川3兄弟」と

言われています。

 今回のテレビドラマは、白川町の魅力満載のドラマになります。実際に白川町へは都会から移住される方も多く、別のテレビ番組

「人生の楽園」でも取材が予定されています。私が言うより、ぜひ番組を観ていただいて白川町の魅力に触れてください。

 放送は24日深夜0時20分から50分までです。


  平成29年4月1日

                                         横 家 敏 昭

本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」内のリンクについては、詳しくはWeblioまでお問い合わせ下さい。

総務課行政係
〒509-1192 岐阜県加茂郡白川町河岐715
Tel: 0574-72-1311  Fax: 0574-72-1317  E-Mail: こちらから