岐阜県白川町
English
中文
韓国語ボタン
サイトマップ トップページへ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報移住・定住移住定住促進補助金について
 
2015年7月8日 更新
印刷用ページを開く
移住定住促進補助金について
白川町に移住しようとする人のための住宅関連の補助金を紹介します。
 ◆白川町に移住する意思をもって、平成27年4月1日以降に転入した人が対象です。
  ただし、住民登録してから1年を経過していないことが条件です。
補助金の種類 概     要
 中古住宅
 
 購入補助
中古住宅を購入するとき受けられる補助金 
  【補助金額】 住宅の取得に要した経費の1/2以内   上限50万円
  【子育て加算】 交付申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき10万円  
  【浄化槽上乗せ加算】 合併処理浄化槽設置補助金を受けた場合  10万円
  ※2親等内の親族からの購入は対象外です。
中古住宅
 
 改修補助
取得した中古住宅を改修するとき受けられる補助金
  【補助金額】 住宅改修に要した経費の1/2以内   上限50万円
  ※ただし、住宅取得後6か月以内に着手した町内の建設事業者が行う改修費用に限ります。
中古住宅
 
 家賃補助
中古住宅を賃借するとき受けられる補助金
  【補助金額】 家賃(共益費・駐車場料金等除く)の1/2以内 上限1万5千円/月
  【子育て加算】 交付申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき2千円/月
  ※ただし、住民登録してから36か月目の家賃まで
中古賃貸住宅
 
改修補助
賃貸契約した中古住宅を改修するとき受けられる補助金
   【補助金額】  住宅の改修に要した経費の1/2以内   上限50万円
  ※ただし、賃貸契約後1年以内に着手した町内の建設事業者が行う改修費用に限ります。
  ※この補助金で改修する場合は、賃貸人(家主)の承諾書が必要です。

賃貸人(家主)が改修する場合も、対象となります。
  ※移住者と賃貸契約を締結してから実施する改修が対象です。
  ※住宅1戸につき、賃借人(移住者)または賃貸人(家主)のいずれか一方しか申請できません。
 
合併処理浄化槽設置補助金
 
 
  白川町は、きれいな清流を守るため、合併処理浄化槽の普及を推進しています。
 住宅の新築・改修等で浄化槽を設置される場合は、補助金を受けられます。
 補助金額は、設置する浄化槽の規模により異なります。
 一般的な住宅の場合は次のとおりです。  ( )は補助金額
   5人槽(50万円)、6〜7人槽(70万円)、8〜10人槽(75万円) 

 【問合せ先】 建設環境課 環境係
          電 話 0574−72−1311  内線266
  
申請
方法
 補助金の対象となる中古住宅は、白川町の空き家バンクに登録されている物件となります。
   ►申請書類ダウンロード⇒  PDF(申請書)   PDF(添付書類一覧)
                                                                        PDF(家賃補助金 継続用申請書)

 補助金の申請方法を含め、まずは、白川町移住・交流サポートセンターにご相談ください。
  【相談先】 白川町移住・交流サポートセンター
         電 話 0574−72−1331(サポートセンター直通)
  【提出先】 白川町役場 企画課 または 各地区ふれあいセンター (郵送または持参) 
  【問合せ先】 企画課 地域振興係
電 話 0574−72−1311 内線184
メールの場合は、このページの最下欄の問合せ「E-Mail: こちらから」から

留意事項
 (1)補助が受けられるのは、補助金の種類ごとにそれぞれ1回限りです。
 (2)町税等に滞納がある場合は、補助金の交付が受けられません。
 
 

 
 ◆移住をご検討中の方、とりあえず田舎暮らしを体験してみたい方は、田舎暮らし体験住宅 『どさない』 をご利用ください。 
 

 
 ◆新築住宅に対する補助金もあります。
 ◆住民登録して1年以上経った人でも受けられる中古住宅の購入補助金・改修補助金もあります。
 

 
 ◆母子医療関係の各種補助金や子育て支援、通学支援関係の補助金、サービスの紹介です。     
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」内のリンクについては、詳しくはWeblioまでお問い合わせ下さい。

企画課企画係
〒509-1192 岐阜県加茂郡白川町河岐715
Tel: 0574-72-1311  Fax: 0574-72-1317  E-Mail: こちらから