ここから本文

犬・猫 飼い主のモラルとマナー 環境係より

お知らせ

飼い主に守ってほしい7か条   環境係

 


 

1 動物の習性等を正しく理解し、最後まで責任をもって飼うこと

 動物は種類に応じた生理、生態、習性をもつ、人とは違う生き物です。飼い始める前から正しい知識をもち、健康と安全に気を配りましょう。動物がその命を終えるまで責任をもって飼いましょう。

 

 

2 危害や迷惑の発生を防止すること

 排泄物による悪臭や毛、羽毛などの飛散で近隣の生活環境を悪化させたり、公共の場所を汚さないようにしましょう。また、しつけや訓練をして、人に危害を加えたり、鳴き声などの騒音で近隣に迷惑をかけることがないようにしましょう。

 

 

3 災害に備えること

 災害時に、飼っている動物の命を守ることができるのは飼い主です。動物用の水、餌等を備蓄するとともに、日ごろから動物を伴った避難訓練をしたり、ケージやキャリーバックになれさせておくなど、災害時に備えた準備をしましょう。

 

 

4 むやみに数を増やしたり繁殖させないこと

 数が多いと、一頭一頭の動物を適正に飼えなくなることがあります。動物にかけられる手間や時間、資金には限りがあります。しっかりとした管理ができる数を超えないようにしましょう。毎年、子猫や子犬が多数殺処分されています。生まれてくるすべての命に責任が持てないのであれば、不妊去勢手術などで繁殖を防ぎましょう。白川町には、犬・猫避妊去勢手術費助成金制度があります。

 

 

5 動物による感染症の知識をもつこと

 人と動物の双方に感染する病気には、多くの怖い病気があります。正しい知識を持ち、動物との過度な接触は控え、放し飼いをしないなど、適切な対応をしましょう。動物も自分も他人にも感染症対策をするようにしましょう。

 

 

6 動物が逃げたり迷子にならないようにすること

 飼っている動物が逃げたり迷子になると、その動物が危険にされされるだけでなく、周りの人に危険を与えたり、生態系や農作物に悪影響を及ぼすことがあります。地震などの災害のことも考えて、逃げだしたり迷子にしないための対策をとりましょう。

 

 

7 所有者を明らかにすること

 迷子や災害で逃げ出した動物の飼い主探しを容易にし、盗難に備えるためにマイクロチップや迷子札、脚環などの標識をつけましょう。

 

動物を飼うということは、動物の命を預かることです。飼い主は、動物が健康で快適に暮らせるように、動物の命が終わるまで適切に飼うとともに、社会や近隣に迷惑を及ぼさないようにする責任があります。人と動物の共生する社会の現実には飼い主のモラルとマナーが重要です。

お問い合わせ先

白川町 建設環境課環境係

役場本館2階
電話番号:0574-72-1311 内線:266,267
FAX番号:0574-72-1317